弁護士コラム

2018年12月04日 弁護士コラム

遺言制度が変わる?

平成30年7月6日、民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号)が成立しました(原則、同年7月13日公布)。遺言に関する改正のポイントをご説明します。 &n…続きはこちら≫

2018年09月08日 弁護士コラム

遺言を書いたときは、遺言執行者を選任しましょう!

 ここは抑えておきたい!遺言執行者選任の必要性について 遺言執行者とは、遺言の内容を実現するために職務を行う者のことです 遺言の中身を実現するために、①遺言執行者を必ず選任する必要…続きはこちら≫

2018年09月08日 弁護士コラム

弁護士が「寄与分」と「寄与分で問題になったときの対処法」を解説いたします

(寄与分とは) 寄与分とは、相続人の中で、被相続人の財産形成または維持に特別の寄与をした者に、法定相続分以上の財産を取得させることで、相続人間の公平を図る制度です。   …続きはこちら≫

2018年09月08日 弁護士コラム

弁護士が「特別受益」と「特別受益で問題になったときの対処法」を解説いたします

遺産分割が揉めてしまう主な原因として①遺留分、②特別受益、③寄与分の問題があります。 ここでは特別受益と寄与分についてご説明します。 (特別受益とは) 特別受益とは、相続人が、被相…続きはこちら≫

2017年07月20日 弁護士コラム

共有名義の不動産には民事信託が有効!【弁護士コラムその2】

共有名義は、共有者が全員健康で、仲が良い場合には問題ないのですが、高齢等で判断能力が衰えたり、仲違いしたり、管理・処分方法で意見が合わない場合に、支障が出てきます。 例えば、多くの…続きはこちら≫

2017年07月18日 弁護士コラム

「相続人の一人に全財産を相続させる」という遺言が見つかったら~遺言の有効性について~【弁護士コラムその1】

相続のご相談で多いのが、「相続人の一人に全財産を相続させる」という内容の遺言で、財産をもらえない相続人からのご相談です。 (1)自筆証書遺言の場合 前提として確認しておきたいのが、…続きはこちら≫

 

当事務所によくお問い合わせいただく相談内容

相続・遺言の問題でもめている・悩んでいるあなたへ 050-5286-1136

ご相談の流れはこちら

022-398-8671

相続・遺言の問題でもめている・悩んでいるあなたへ

022-398-8671