弁護士と遺言執行

遺言執行者を指名しておく理由

遺言に書かれた内容を実現することを遺言執行といいます。

 

遺言を書くときに、遺言執行者になって欲しい人を、予め指名しておくことができます。

 

遺言執行人を指名しておくことで、相続人が勝手に財産を処分することを防げたり、手続きに協力しない相続人がいた場合でも、円滑に手続を進めることができるメリットがあります。

 

遺言執行者を指名で、「ご家族の負担を軽減」と「円滑な相続」を実現することができます。

 

これから遺言を書かれる方は、「弁護士に遺言執行者を依頼する理由」をご覧ください。

 

ご自分が遺言執行者に指名されている方は、「遺言執行者の代理サービス」をご覧ください

 

弁護士に遺言執行者を依頼する理由

遺言執行者には、資格は必要ありません。

 

そのため、家族で、優遇したい相続人(例:全財産を取得する相続人)を、遺言執行者に指名する遺言が散見されます。

 

ところが、遺言執行者は、「相続人全員」のための存在であり、相続人全員の相続財産の目録や、業務の結果を報告する義務があります。

 

しかし、相続財産の全てを取得できる相続人が遺言執行者の場合、他の相続人に対し、何も知らせないことが往々にしてあります。

 

それでは、他の相続人は、納得できず、「親に無理やり遺言を書かせたはずだ。」「なにか隠しているはずだ。」と不信を抱きやすくなり、必要以上の紛争を招き、仲が良かった兄弟同士が、苛酷な遺産争いに発展するリスクがあります。

 

そのため、相続人間に不公平な遺言である場合には、遺言執行者は、家族以外の方(一番望ましいのは遺言執行の経験がある弁護士)を指名しておくことが無難です。

 

当事務所では、遺言を書かれる方が、ご家族が面倒な相続手続をしなくても相続財産を受け取れることや、家族間の無用な紛争を防ぎたい場合、当事務所弁護士を遺言執行者としてご指名いただき、承諾させていただいております。

 

その後、遺言者がお亡くなりになられた際、当事務所が速やかに遺言執行業務を行うことで、ご家族(相続人)に負担がかからないため、大変、喜んでいただいております。

 

遺言執行者の代理サービス

ご自分が遺言執行者に指名されたので、お受けしたものの、予想外に大変である場合、当事務所では、遺言執行者からのご依頼で、遺言執行者の代理人として、遺言執行業務にあたらせていただくことができます。

 

例として

「財産が多くて、名義変更をするのに大変な手間がかかる」
「直接、連絡を取りたくない相続人がいる」
「連絡のつかない相続人がいる」
「相続人の間で紛争があり、引き継げができない」
「相続人から、色々な調査をするよう要求されている」
「債務を支払っていいか、不安がある」

 

上記のお悩みは、遺言を書いた時点では問題はなかったけれども、相続発生時には問題となっていることもあります。

 

遺言執行者に知識や経験がない場合、大変、苦労されます。もし、遺言執行者の不手際で、誰かに損害が発生した場合、遺言執行者に責任が生じてしまいます。

 

遺言執行者は、単に、財産の引き継ぎをするだけではなく、財産調査や管理が必要となるケースもあります。

 

そのような場合には、当事務所にご相談いただければと思います。

 

ご自身で対応できる問題なのか、そうではないのか、ご一緒に考えさせていただければと思います。

 

弁護士に遺言執行者を依頼する費用を気にされている方へ

相続財産の3%に20万を加算した額を基本としまして、財産、手続の数などを加味させていただきます。

 

 

遺言作成をお考えの方へ あわせてお読みいただきたい記事

1、遺言のススメ~遺言を書かないことのデメリット~【実際のトラブル事例】>>

2、遺言の作成で「将来、ゆっくり考えたい」が危ない理由>>

3、自分は遺言を書いたほうがいいか知りたい方へ【遺言の必要度判定リスト】>>

4、遺言には何を、どう書いたらいいの?【実際の相談事例と例文】>>

5、遺言執行者は必要ですか?誰に頼めばいいですか?>>

6、既に遺言を書いたので安心?内容は大丈夫ですか?【見直したいポイント】>>

 

当事務所によくお問い合わせいただく相談内容

この記事の監修者について

アイリス仙台法律事務所 代表弁護士 関野純 (仙台弁護士会所属 登録番号35409号)  

専門分野

相続遺言、交通事故

経歴

秋田県出身。千葉大学卒。2005年に司法試験に合格。司法修習を経て、2007年に仙台弁護士会の弁護士に登録。仙台市内の法律事務所に勤務後、2011年に事務所(現・アイリス仙台法律事務所)を開設。直後に東日本大震災が発生し、事務所は一時休業になるも、再開後は被災者の再建支援、相続問題や不動産の賃貸借トラブルを多く依頼される。 現在は弁護士2名、スタッフ3名の事務所の代表弁護士として活動している。また、仙台市内で相続問題や家族信託に関するセミナーの開催や相談会の開催など、地域の高齢者問題に積極的に取り組む。
相続・遺言の問題でもめている・悩んでいるあなたへ 050-5286-1136

ご相談の流れはこちら

022-398-8671

相続・遺言の問題でもめている・悩んでいるあなたへ

022-398-8671