財産の使い込みの問題で困ったら(使途不明金の問題で困ったら)

あなたの場合はどちらでしょうか??
まずはご自身の状況に合ったバナーをクリックし、対応策を理解しましょう。

 

 

財産の使い込みの問題で困ったら(使途不明金の問題で困ったら)

 

1)被相続人が生前、お金に困っていたわけではなく、年金等の十分な収入があったにもかかわらず、相続時の預金がほとんどない場合があります。

被相続人と同居していた相続人が、勝手に被相続人の口座から引き出していたのではないかと疑われます(特に亡くなる前に入院などして同居相続人に通帳や印鑑などを預けていた場合は、かなり揉めます)。

 

これに対し、同居相続人からは、「本人に頼まれておろしたが、金を全て本人に渡した。そのあとは知らない」「本人の介護費用に全て使った」と、私的消費を認めないことが多いです(なお、「もらった」と主張される場合は、別途「特別受益」を検討します)。

 

この問題は、家庭裁判所の「遺産分割調停」では解決できません。

少し難しいのですが、「死亡時に残された以外の遺産がある」と主張する場合、地方裁判所での民事訴訟で事実をはっきりさせる必要があります。家庭裁判所の遺産分割調停と地方裁判所の民事訴訟が同時並行で進める場合もあります。

弁護士が調査を尽くした結果、相手の虚偽説明が発覚することもあります(預貯金の履歴を調査した結果、引き出された預金と同額が同日に同居相続人の口座に入金されていたなど)。

 

2)他方、「相続開始後」に相続人の一人が、銀行に故人が亡くなったことを伝えないまま(伝えると「凍結」されますので)、キャッシュカードなどを利用して勝手に引き出してしまうことがあります。

この場合は、返還を求めるか(任意で返還しない場合、訴訟)、既に遺産の一部を受領済みとして他の遺産を分配するにまとめて処理することになります。

なお、このような無断引き出し行為は、犯罪に該当するおそれがありますので、注意が必要です。

相続・遺言の問題でもめている・悩んでいるあなたへ 022-398-8671

ご相談の流れはこちら

相続・遺言の問題でもめている・悩んでいるあなたへ