有利な相続提案を拒否された場合について

ご質問

親が他界して、遺言が出てきましたが、一部の財産のみ相続指定がされていました。
そのため、相続人(兄弟4名)で遺産分割をすることになりました。跡継ぎである長男が大部分の遺産を相続し、相談者(次男)は相場よりも低い代償金でも構わないと考えていますが、長男が代償金の金額が高いと拒否をしています。
その場合はどういったことをすべきでしょうか?

 

弁護士の回答

客観的にみると長男にとっては有利な提案であるため、回答に期限を設けて回答がなければ、この提案を撤回することも選択肢と考えられます
しかしどうしても折り合いがつかない場合には、遺産分割調停を利用して調停委員を通して相手を説得していただき、相談者の意見を通すことができます
このようなケースでよくあるのが、お互い意見が合わないまま相続事件が放置され、現在の相続人が亡くなり、次世代へ引き継がれることです。
引き継がれた場合、相続人の数が増え、より解決困難になります。また従兄弟間においても紛争が引き継がれるため、親族関係が悪化しやすくなります。
ご自分の世代の紛争はその世代で解決するためにも、早期に行動をとっていただき、解決していくことがポイントです。
 

当事務所によくお問い合わせいただく相談内容

この記事の監修者について

アイリス仙台法律事務所 代表弁護士 関野純 (仙台弁護士会所属 登録番号35409号)  

専門分野

相続遺言、交通事故

経歴

秋田県出身。千葉大学卒。2005年に司法試験に合格。司法修習を経て、2007年に仙台弁護士会の弁護士に登録。仙台市内の法律事務所に勤務後、2011年に事務所(現・アイリス仙台法律事務所)を開設。直後に東日本大震災が発生し、事務所は一時休業になるも、再開後は被災者の再建支援、相続問題や不動産の賃貸借トラブルを多く依頼される。 現在は弁護士2名、スタッフ3名の事務所の代表弁護士として活動している。また、仙台市内で相続問題や家族信託に関するセミナーの開催や相談会の開催など、地域の高齢者問題に積極的に取り組む。
相続・遺言の問題でもめている・悩んでいるあなたへ 050-5286-1136

ご相談の流れはこちら

022-398-8671

相続・遺言の問題でもめている・悩んでいるあなたへ

022-398-8671